クレバリーホームの家づくり

安心

耐震性

住まいに求められる大切な性能 地震などの災害に強い構造

クレバリーホームはこれまでも、地震などの災害に強い住まいづくりを追求してきました。
建てたときだけではなく、将来にわたって耐震性をはじめとした住まいの性能が確保されなくてはなりません。クレバリーホームが独自に開発した「プレミアム・ハイブリッド構法」は、20年先、30年先でも地震などの災害に強い価値ある住まいをお約束します。

プレミアム・ハイブリッド構法

耐震性に優れたプレミアム・ハイブリッド構法

1階と2階を貫く通し柱により建物を強固に一体化した「SPG(ストロング・ポスト・グリッド)構造」と、6面全体で地震などの外力を受け止める「モノコック構造」の利点を融合させた「プレミアム・ハイブリッド構法」。
建物にかかるエネルギーをバランスよく受け止め、地震などの災害に極めて強い木造住宅を実現しました。

SPG(ストロング・ポスト・グリッド)構造

SPG(ストロング・ポスト・グリッド)構造

土台から軒まで貫く通し柱で
1階と2階とを強固に一体化

1階と2階を貫く通し柱をグリッド毎に配し、高強度・高精度な建物へと進化させたSPG構造。地震や台風などの揺れや屋根にかかる荷重をスムーズに逃がします。

モノコック構造

モノコック構造

6面体で力を吸収し、
激しい揺れに抵抗

床・壁・天井の6面すべてを構造用耐力面材で構成するモノコック構造。地震や台風などの外力を建物全体でしっかりと受け止め、吸収することで、建物のねじれを防ぎ激しい揺れに抵抗します。

モノコック構造

SPG(ストロング・ポスト・グリッド)構造

通し柱をグリッド毎に配し、
優れた耐震性を実現する
SPG構造

一般的な在来工法では通し柱が4本程度なのに対して、クレバリーホームでは通常の2 ~ 3倍の通し柱を使用。構造上のポイントとなるグリッド毎にバランスよく配置した「SPG構造」とすることで、1階部と2階部を強固に一体化した構造躯体を実現しています。地震や台風などの揺れや屋根にかかる荷重をスムーズに逃がし、高強度・高精度の木造住宅を実現しました。
※通し柱の本数は、プランにより2倍未満となる場合がございます。

■ 一般的な在来工法とSPG構造の通し柱配置

一般的な在来工法
一般的な在来工法
1階と2階をつなぐ通し柱は、
およそ4本程度しかありません。
SPG構造
SPG構造
通常の2~3倍の通し柱をグリッド毎に配置し、1階部と2階部を強固に一体化。

独自のグリッド
設計システムを採用

クレバリーホームでは、すべてのお客さまに安心の住まいをお届けするために一邸一邸、独自の構造計算を行っています。
必要強度をグリッド単位で確保する信頼性の高い設計システムを採用し、安定した強度の構造躯体を実現しています。
お客さまの要望にきめ細かく応える自由設計でありながら、高い耐震性を両立させた住まいです。

構造計算や各種検証試験の結果から導き出された、信頼性の高い構造ルールに基づき設計を行います。

モノコック構造

6面体で力を吸収する
モノコック構造

モノコック構造は、床・壁・天井の6面すべてを構造用耐力面材で構成し一体化させた構造です。この剛性の高い6面体の構造が、地震や台風などの外力を建物全体でしっかりと受け止め、吸収することで、建物のねじれを防ぎます。激しい揺れにも建物全体が一体となって抵抗する優れた耐震性能の住まいを実現します。

■ 一般的な在来工法とモノコック構造の外力のかかり方

一般的な在来工法

一般的な在来工法

外力の加わり方によって建物がねじれやすい。

モノコック構造

モノコック構造

6面体すべてで外力に耐えるので、横からの力に対する抵抗力が向上。

最高レベルの壁倍率を実現

壁倍率とは耐力壁の強さを表す数値で、耐力壁の長さ×壁倍率(壁の強さ倍率)で建物全体の強さを計算します。数字が大きいほど強いとされており、上限値は5.0。クレバリーホームは合板の2倍以上のせん断強度を誇る構造用耐力壁を採用し、最大壁倍率は最高レベルの4.9 ~ 5.0倍を実現しています。

■ 耐力壁のせん断試験

建物全体を強固に接合する
高精度HSS金物

地震や台風などの外力を受けたときに住まいのなかで最も力が集中する場所が接合部です。一般的な在来工法の仕口や継手による接合は施工者の熟練度により施工精度が左右される上、加工による木の欠損量が多くなるため強度が低下します。クレバリーホームは、この接合強度を高めるために優れた接合金物を採用しています。

一般的な在来工法の接合部
一般的な在来工法の接合部
柱に多くの欠損が見られます。
HSS金物による接合部
HSS金物による接合部
柱の欠損量は最小限に抑えられています。

断面欠損を抑え、
一般的な在来工法の1.5~3倍の接合強度を実現

接合部のなかでとくに重要な柱と梁の接合部には金物の奥行きを従来の約1/2にコンパクト化したHSS金物を使用しています。これにより柱、梁の欠損量を最小限に抑え、接合部の強度を高めています。

優れた接合強度を保つ
高い塗装技術

柱と梁の接合部に使用しているHSS金物は、カチオン電着塗装をはじめとした何重もの塗装処理により防錆性をアップさせ、長期にわたり確かな強度の住まいをお届けしています。

カチオン電着塗装により防錆性を向上させたHSS金物
カチオン電着塗装により
防錆性を向上させたHSS金物

HSS金物は
Sマーク認定を取得

クレバリーホームが採用しているHSS金物は、(公財)日本住宅・木材技術センターによるSマーク認定を取得しています。Sマークとは、用途に応じて必要とされる品質・性能を有することを確認し、その性能値を認定すると同時に、その製品の生産・供給体制に係る認定を行う制度です。HSS金物は公的機関にも認められた、信頼の品質です。

HSS金物は、(公財)日本住宅・木材技術センターによるSマーク認定を取得。公的機関からも評価を受けている、安心してご使用いただける金物です。

塩害地域にも対応した
優れた防錆性を誇る
カチオン電着塗装

金属の劣化の原因となる錆への対策として、HSS金物にはカチオン電着塗装を行っています。このカチオン電着塗装は屋外で使用される自動車の塗装にも使用されている技術で、防錆性を高め長期にわたり強度を維持する効果があります。沿岸部など海水や潮風の影響で錆が発生しやすい地域でも、そのまま使用することができるほどの防錆性を有しています。

随所に配した金物で
より強固な住まいを実現

クレバリーホームでは柱と梁の接合部以外にも、構造体の随所に様々な金物を使用することで住まいの強度を高めています。たとえば躯体と屋根を接合する部分には、「ハリケーンタイ」と呼ばれるあおり止め金物を採用。台風や竜巻などの強風時に屋根にかかる吹き上げの力にもしっかりと耐えることができます。その他にも、地震や台風時に発生する水平力への抵抗力を高める「火打ち金物」や、基礎と土台の接合部には土台の断面欠損を最小限に抑える「マークアンカーボルト」、土台を支える束には耐久性に優れ、通常の約1.2倍の強度をもつ「鋼製束」を採用するなど、様々な金物でより強固な住まいを実現しています。

基礎構造

強固な住まいの“要”となる徹底した強さの基礎構造

建物を支える基礎がしっかりしていなければ、建物本来の強度を発揮することができません。
クレバリーホームでは、住まいの要となる基礎をベタ基礎とするとともに、床構造にも剛性の高い工法を採用。「プレミアム・ハイブリッド構法」の優れた耐震性能を最大限に発揮させる徹底した強さの基礎構造としています。

ベタ基礎と柱脚金物で住まいを強固に支える

住まいの要となる基礎には、建物の荷重を面で支えるベタ基礎を採用。軟弱地盤にも適した耐震性の高い基礎構造となっています。さらに基礎と躯体との接合部には柱脚金物を採用し、構造躯体と基礎を強固につなぎます。地震など外部からのエネルギーによる引き抜きに対しても高い耐力を実現します。この外からは見えない部分の技術や工夫が、高い耐震性を実現する住まいの土台となっています。

建物全体の重量を面で支えるベタ基礎

クレバリーホームでは、地震などの外部からのエネルギーを受けても歪みにくい、高い剛性のベタ基礎を標準採用しています。面で支えることにより建物荷重を分散して地面に伝えることができるので耐震性に優れ、軟弱地盤にも適した基礎構造と言えます。また、一般的な木造住宅で120mmとされる地盤面からの立ち上がり幅を150mmとすることでより強固に仕上げています。

基礎と土台を強固に接合するマークアンカーボルト
厚さ28mm※の床構造用合板を採用し、床倍率1.2倍を実現
※メーターモジュールの場合

剛性に優れた床構造を採用

地震や台風に強い住まいづくりには床の剛性も重要なポイントです。クレバリーホームは、土台・大引と床構造用合板を一体化させることで剛性を高める根太レス工法の床を採用。地震や台風時に加わる大きな外力に対しても変形が起こりにくい構造を実現しています。また、土台の断面欠損を最小限に抑えられるマークアンカーボルトを採用することで、基礎と土台を強固に接合します。

基礎と躯体を強固につなぐ柱脚金物を採用

クレバリーホームは基礎と躯体をつなぐ金物にも工夫しています。一般的な在来工法で使用されているホールダウン金物に比べ、約2倍の引き抜き耐力がある柱脚金物を採用しています。構造躯体を基礎にしっかりつなぎ留めることで建物全体が一体となり、地震などの外力に耐えることができます。

■ ホールダウン金物と柱脚金物の外力に対する抵抗力

一般的な在来工法(ホールダウン金物)
一般的な在来工法
(ホールダウン金物)外力のかかる方向によって強さが変わる
クレバリーホーム(柱脚金物)
クレバリーホーム
(柱脚金物)どの方向からの外力に対しても
強さを発揮
  • 安心
  • デザイン
  • 女性目線

copyright© 健匠リフォーム  co.,ltd All rights reserverd.